コミックコン・インターナショナルINサンディエゴ(SDCC)

コミックコン・インターナショナルINサンディエゴ(SDCC)

日程:7/20-23 2017年(7/19に前夜祭)

場所:サンディエゴ コンベンションセンター

今年もサンディエゴにビッグイベントがやってくる! ー街中スーパーヒーローやアニメキャラクターであふれかえるー

決して見逃すな!街なかを歩き回るだけでもたくさんのコスプレイヤーに出会える、そんな楽しみ方も悪くない。会場外でも数多のイベントやパーティーが催される!!

ファン必見!コミコンINサンディエゴに関する豆知識

1. 第1回コミコンINサンディエゴは46年前の8/1-3に開催され、当時は”サンディエゴ・ゴールデン・ステート・コミコン”という名でした。

2. SDCCにて初めて催されたハリウッドスターによるパネルディスカッションのテーマは『スター・ウォーズ』でした。映画監督であるチャールズ・リッピンコット氏がゲストとして登場しましたが、当時の参加者はほんのわずかだったそうです。 1975年に開催された第6回のコミコンのキャパシティは3000近くでした。

3. 現在親しまれている名称コミックコン・インターナショナル・サンディエゴは、1995年に正式に発表されました。それまでにはサンディエゴ・ウェストコースト・コミックコン・コンベンション(1972)やサンディエゴ・コミックコン(1973)と最終決定までに2回の名称変更がありました。

4. サンディエゴ・コミコンの最終日はキッズデーとして、この日は12歳以下の子供向けの映画やイベント、家族で楽しめるアクティビティなどが催されます。12歳以下は入場無料(大人は別料金)

5. 2015年の参加者は167,000人、初年度はたったの100人ほどでした。

6. コミコンは非営利団体によって運営されており、同団体による類似イベントでアナハイムで開催されているワンダー・コンというものもあります。

7. 毎年、コミコンではマスカレード(仮装コンテスト)を行います。このイベントでは、コスチュームの独創性やクオリティ、技術などを審査され、優勝者には$1,000の賞金とメダルが授与されます。2015年、ホーンテッドマンションをテーマにした団体が栄光の『ベスト・イン・ショー』に選ばれました。

8. マスカレード参加者はただコンテストに出場するだけではありません。人気スターのサインや、各商品ブースのあるコンベンションフロア内にて、それぞれ好きなキャラクターになりきってフロア内を練り歩きます。

9. LAなど他都市でもこういったコンベンションを取り入れようとしたことがあります。サンディエゴ市とコミコン・インターナショナルとの契約は元々2016年まででしたが、再契約をし2018年まで延長となりました。その後については現時点では不明です。

10. 2000年に大ヒットした 『X-Men(2000)』のような映画はコミコンにとって大変嬉しく、2001年には映画やTVショーの知名度は非常に重要な部分となりました。『スパイダーマン』や『スター・ウォーズエピソード2/クローンの攻撃』はその年の最も人気イベントとなりました。

11. コミコン・インターナショナル・サンディエゴでは毎年およそ1.65億ドルの収益をサンディエゴ市にもたらしています。