STUDENT SNAPSHOT: JESSICA CHRISTL

名前: ジェシカ・クリストル

年齢: 19

国籍: ドイツ

CEL在籍期間: 6 ヵ月

インターンとしてのCELでの経験を教えてください。インターンの経験が英語学習にどのように役立ったか、またCEL卒業後のキャリアにはどのようなスキルが役立ちましたか?

CELでインターンとして働いた経験は英語習得だけでなく、教育面でもその後の社会復帰にも大きく役立っています。オフィスでの仕事は初めての経験で、人と関わること、特に留学生と関わるのはとても楽しかったです!

アメリカの文化や習慣、自国との違いなど、一番興味深かったものを教えてください。

ドイツとアメリカは共通点が多いですが、アメリカ人のライフスタイルはとても興味深かったです。また、Thanksgiving Day(感謝祭)と呼ばれるホリデーも素敵な経験でした。

CELで勉強するにあたって一番のおススメポイントを教えてください。

一番良かったのは少人数制のクラスです。先生やクラスメイトに親近感を持ち、とても仲良くなれました。そしてその他講師陣やスタッフなど学校全体の雰囲気の良さや、世界中の友達が出来たこと、そして彼らの文化を学べたことです。

英語の語学留学をしたいと思ったきっかけは何ですか?

英語は世界共通語だからです。そして母国語以外に唯一話せる言葉だからです。留学は語学だけでなく、その国の文化や習慣を学べる本当に素晴らしいプログラムだと思います。身一つで、言葉のわからない外国に住むという体験は自分自身を大きく成長させてくれると思います。

クラスでの一番の思い出は何ですか?

一番を決めるのは難しいです。毎日楽しくて、毎回違う出来事があったからです。個人的にはケンブリッジ試験対策コースがすごく良い思い出です。3か月間一緒に過ごしたクラスメイトはかけがえのない仲間となりました。ケンブリッジコースを教えているEdoによく言われた言葉 "I hate when that happens", "it depends on the situation “は絶対忘れません。会話のクラスで皆夢中になって遊んだ taboo gameは最高の思い出です。そして、CELで出会った友達をずっと忘れません!!