TEACHER SNAPSHOT: PAT LITTELL

CELで長年講師として努めている人気講師の一人、Pat先生をご紹介します!Pat先生はCELで教えてなんと19年の大ベテラン!担当はTOEFL試験対策コースです。ただ試験対策だけをするのではなく、アメリカ大学進学など、その後の進路に役立つ英語や、アメリカの文化・習慣など、広く視野に入れた授業を行っています。

簡単な自己紹介をお願いします。

私はシカゴ出身で、ニュージャージー州、イギリスのオックスフォード、そしてシンガポールに住んでいたことがあります。旅行でアメリカのほとんどの州を訪れ、仕事ではスペインとイタリアへ行きました。南イリノイ大学では学士号を取得し、サンディエゴ州立大学大学院ではESLと言語学を学びました。

ESL講師となったのはなぜですか?CELでは何年、どのレベルを教えていますか?

私が高校生の時、母の友人がESL講師となったのがきっかけです。彼女はいつも凄く楽しそうで、それがとても印象的でした。大手携帯会社を退社したのち、ESL講師として学ぶ為、再び大学へ通いました。CELでは19年教えています。TOEFLクラスが主な担当ですが、その他必要に応じて全てのレベルを受け持つこともあります。

講師として心がけていることは何ですか?

いかに面白く学べることが出来るかを意識して教えています。なぜなら、外国語を勉強することやテスト勉強というものは疲れるはずだからです。授業では、ニュースを聞いてその内容のディスカッションをしたり、新しいイディオムや熟語などを学んだり、TOEFL試験で間違えやすい単語など、重要なことを学びます。アメリカ文化についてクイズ形式での出題やアクティビティなど、個人学習にならないよう、クラス全体で向き合い、授業が楽しくなるよう常に心がけています。

現在のクラスではどんなトピックが一番人気ですか?

私の教える生徒は既にアドバンスの英語力を持っているので、どんなトピックでもよく話をします。日々のニュースは非常に良いディスカッショントピックとなりますし、またお互いの国の文化を学ぶことが皆大好きです。

CELで教えていて何が一番楽しいですか?

モチベーションの高い少人数クラスを教えるのはとても楽しいです。そして毎週のように入ってくる新入生を迎え入れるのも楽しみの一つです。

新入生へアドバイスをお願いします。

私たちは皆さんの英語勉強のサポートをするためにいるということを忘れないでください。なので、リラックスして授業を楽しんで欲しいと思います。そして、学校の外でも積極的に英語に触れる機会を作ってください。映画やショーを観たり、好きな本を読んだり、自分が英語で楽しめるものを見つけてください。

TOEFLクラスで教えていて楽しいことは何ですか?

日々の課題を通してテスト対策のスキル向上をサポート出来ること、そして自信に満ちた彼らを見ることはとても嬉しいです。ほとんどの生徒がCEL卒業後も、大学や大学院、仕事などで引き続き英語を勉強したり使用する機会があると思います。微力ながらも、それぞれのゴールに向かっている彼らの手助けが出来ることは、本当に幸せなことだと思います。